特定健診・特定保健指導

特定健診・特定保健指導を必ず受けましょう!

イラスト平成20年4月から、当該年度40歳以上75歳未満の被保険者および被扶養者を対象に、メタボリックシンドロームの予防・解消に重点を置いた、生活習慣病予防のための新しい健診・保健指導が実施されました。これを「特定健康診査(特定健診)」・「特定保健指導」といい、当組合を含む各医療保険者(健康保険組合)に実施義務が課せられています。

メタボリックシンドローム…偏った生活習慣により内臓脂肪が蓄積し、それが原因で高血圧や高血糖、脂質異常など動脈硬化のリスクが重なった状態。

あなたは

40歳未満特定健診・特定保健指導の対象外です。

40歳以上特定健診・特定保健指導の対象です。

特定健診(集合契約)の医療機関検索

40歳以上の被扶養者及び任意継続被保険者の方の「特定健康診査(集合契約)」について、受診可能な医療機関が検索できます。

特定健診を受けたあとで

受診された40歳以上の方には、特定健診の検査結果を基にして、「情報提供」ならびに「アドバイス」を行うパーソナルシートを作成し、ご自宅宛てまたは事業所経由でお渡しいたします。

特定保健指導(動機付け支援・積極的支援)に該当した方には、結果報告書と一緒に「特定保健指導実施のご案内」が届きます。

(事業所単位で特定保健指導を行っている場合は、同封されないこともございます)

健診機関での支援の場合は、初回面談日の予約後に、特定保健指導委託機関での支援の場合はご案内を受け取ってからすぐに、「利用申込書」をご提出ください。

▲このページのTOPへ