個人情報保護方針

個人情報保護への取り組みについて

2003年5月に「個人情報の保護に関する法律(以下「個人情報保護法」という。)」が成立し、2005年4月からMBK連合健康保険組合(以下「当組合」という。)においても個人情報の取扱いに関する義務が課せられることとなりました。

まず、はじめに健康保険組合の一般的な事業をいくつか列記します。

健康保険法が定める目的「労働者の業務外の事由による疾病、負傷若しくは死亡又は出産及びその被扶養者の疾病、負傷、死亡又は出産に関して保険給付を行い、もって国民の生活の安定と福祉の向上に寄与することを目的とする。」に沿う事業
健康保険法では、「保険者は、健康教育、健康相談、健診などの被保険者及び被扶養者(以下「加入者」という。)の健康の保持増進のために必要な事業を行うように努めなければならない。」と規定されており、これに基づく保健事業
加入者の病気やケガの治療費をみるだけでなく、出産、労務不能となった場合や死亡した時の費用の補助

加入者の個人情報は、当組合が以上のような事業を行い、加入者に対しサービスを提供していくためにはなくてはならないものであります。そこで当組合では、その情報を安全に保管し、取扱うことを最大の課題と認識し、加入者の個人情報保護の遵守に万全を尽くしていくことに努めていきます。

▲このページのTOPへ