お薬代が安くなります

ジェネリック医薬品を使ってお薬代を節約しよう!

ジェネリック医薬品を
検索・計算してみよう

矢印

ジェネリック医薬品を
扱っている薬局を探してみよう

矢印

イラスト

高齢化社会の浸透で国民医療費は増大の一途をたどっています。

医療費の増大は健保組合財政をも圧迫しているため、医療費の抑制は重要な課題です。

そこでその抑制に繋がると期待されているのが「ジェネリック医薬品」です。

ジェネリック医薬品に変更することで、皆様が病院や薬局で支払う薬代もお安くなります。

ジェネリック医薬品とは?

ジェネリック医薬品とは、新薬の特許(20〜25年)が切れた後に発売されるお薬のことです。

新薬と同じ有効成分、同じ効能・効果を持ちますが、低価格・安全・飲み易いお薬でもあります。

ジェネリック医薬品は安い?

特許が切れると、開発した製薬メーカーの独占販売期間が終了し、他の製薬メーカーに製造・販売が認められるようになります。ジェネリック医薬品は新薬と同じ有効成分を含み、同じ服用方法、服用量であることが定義されているため、あまり開発費がかからず、低価格で提供することが出来るのです。

ジェネリック医薬品って安全なの?

ジェネリック医薬品を開発する際に、いろいろな試験をします。

そのため、新薬と同様に「薬事法」や「品質評価」という制度に基づく厳しい品質基準をクリアしているため、安全といえます。

ジェネリック医薬品は飲み易い?

ジェネリック医薬品は開発の段階で大きさ・味・においの改善を図り、より飲みやすくしています。

また、ジェネリック医薬品は新薬に比べ保存性も向上しています。

どうすればジェネリック医薬品をもらえるの?

ジェネリックお願いカードを提示する
ジェネリック医薬品を推奨している薬局に行く
医師に聞き、処方箋に医師の署名、押印がないかチェックする

ジェネリックお願いカードを提示する

受診の際、保険証や診察券と一緒に受付窓口に提示することでもジェネリック医薬品を希望するという意思表示になります。

お願いカード

ジェネリック医薬品を推奨している薬局に行く

日本ジェネリック医薬品学会では、ジェネリック医薬品の品揃えが300種類以上ある薬局に「GOLDマーク」を、患者さんからの変更依頼や相談に積極的に応じる姿勢を示すことを宣言した薬局には「SILVERマーク」を入り口に貼っています。

これらのマークのある薬局に行ってみましょう。

GOLD/SILVER

また、日本調剤(株)の薬局では500種類以上のジェネリック医薬品を備蓄しています。

日本調剤(株)のホームページで薬局を調べてから行ってみるのも良いでしょう。

医師に聞き、処方箋に医師の署名や押印がないかチェックする

2008年4月から処方箋の様式が変更となり「後発医薬品(ジェネリック医薬品)への変更不可」の欄が設けられました。この欄に医師の署名や押印が無い限り、患者さんは原則として医薬品を選択できるようになりました。

まずは、気軽に医師に相談してみましょう。

お試し切り替えもできます

いきなりジェネリック医薬品に切り替えるのは心配という方には、処方された日数を分割することが出来ます。

例えば2週間のうち、まずは1週間分だけを調剤してもらい、服用して問題がなければ残りの1週間分を調剤してもらうことが出来ます(分割調剤)。ただし、分割調剤をした場合は、薬局に「後発医薬品分割調剤料」を支払うことになります。

詳しくは薬剤師に相談してみましょう。

「ジェネリック利用促進のご案内」通知について

当組合では、ジェネリック医薬品への切り替えを促進し、皆様が病院や薬局で処方されている薬代の負担を軽減するため、対象者の皆様に「ジェネリック利用促進のご案内」を通知しております。この通知は、今服用しているお薬をジェネリックに替えた場合、どれだけ自己負担分が安くなるかを把握することができます。

この機会に、ジェネリック医薬品への切り替えをぜひご検討ください。

配布対象者

1ヶ月分の薬剤費をジェネリック医薬品に切り替えた場合に差額が250円以上となる方々

▲このページのTOPへ